てんかんによる障害年金の概要や認定のポイントについて

●てんかんとはどういう病気か●

てんかんは、てんかん発作と呼ばれる発作(全身又はその一部の痙攣)を伴う脳の病気です。

脳の神経細胞(ニューロン)に突然発生する激しい電気的な興奮が起こり、それによって発作が起きることが原因とされています。

てんかんはかつては子供の病気とされていましたが、最近の研究では、老若男女を問わず発症する病気であることが分かってきています。

古くからその存在が知られる病気で、哲学者のソクラテスやローマ皇帝のカエサルもこの病気に悩まされていたとされています。

現在の有病者数は全世界で約5,000万人といわれていますが、そのほとんどが発展途上国の国民で占められています。

厚生労働省が定める障害認定基準(精神の障害)における認定要領は4項目に分類されていますが、そのうちの1つに「てんかん」による精神障害の認定領があり、てんかんによる障害が障害年金の対象になることは明白です。

●「てんかん」による障害認定のポイントについて●

「てんかん」による障害認定のポイントとしては、まず、最近では、優れた抗てんかん薬の出現や外科的治療の大きな進歩が認められますが、治療によって発作が抑制される場合には、障害年金の対象にはなりません。

十分な治療に関わらず、どうしても障害が残ってしまう「てんかん」のみが障害年金の対象になります。

認定基準は、

  • 1級が以下で述べるてんかん発作のA又はBが月1回以上
  • 2級がてんかん発作のA又はBが年2回以上若しくはC又はDが月1回以上
  • 3級がA又はBが年2回未満若しくはC又はDが月1回未満
とある程度客観的に定められています。

従って、診断書や病歴・就労状況等申立書には、いつどこでどのようなてんかん発作が起こったのかを、正確に記載する必要があります。常日頃から病状の記録を残しておく必要があります。

  • A:意識障害を呈し、状況にそぐわない行為をする発作
  • B:意識障害の有無を問わず、転倒する発作
  • C:意識を失い、行為が途絶するが、倒れない発作
  • D:意識障害はないが、随時運動が失われる発作

なお、診断書に記入するてんかん発生の回数は、過去1年間の状況あるいは今後1年間に予想される回数を記入すべきとされています。

●「てんかん」単独の障害年金の請求は難しい●

「てんかん」は、国際診断基準ICD10では神経の障害に分類されます。障害認定基準において、神経症は原則として障害年金の対象にはならないが、臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、例外的に障害年金の対象となるとされています。

このことにより、精神の障害の障害認定基準における認定要領に「てんかん」の項目が設けられているに関わらず、実際には「てんかん」単独の障害で障害年金の請求をしても、審査が通らないケースが多くなると言われています。

「てんかん」の他に例えば「うつ病」など別の精神の病状を呈している場合には、「てんかん」以外の病気の発症・経過・療養状況を詳しく診断書に記載して、双方の病気による障害を総合的に判断し認定してもらう形で障害年金を請求すると審査が通りやすくなるでしょう。