障害年金チームのご紹介

代表社会保険労務士 浅野了一

ご挨拶

社会保険労務士 浅野了一

私は、2015年に社会保険労務士登録をし、名古屋総合社労士事務所を開設いたしました。

私は、弁護士自身の利益のためではなく、地域社会の市民と中小企業の皆様を相談者・依頼者として、『相談者・依頼者の正当な利益の実現』を目標として、34年間民事弁護士の業務を遂行してきました。

私は、社会保険労務士は、手続きの代行をおこなう単なる事務手続き代行の受託者ではない、弁護士と同様に法律家として、社会保険分野の専門家を目指して、高い倫理感、柔軟な思考力、優れた判断力、深い人間関係の理解力のうえで、事実関係を分析する能力、法的な基本知識を持ち、事実や証拠を捜し出す能力、既存の法・法制度や社会保険制度などの具体的運用を含めて批判的に分析する能力、リーガルリサーチ(法例、判例、先例調査)の能力、その上で、社会保険労務士として、依頼された案件の問題の解決策を構成して対応することができる能力が重要であると考えています。

特に障害年金は、他の年金とは全く違います。
障害年金は、一般的に浸透しているものではないうえに、その受給のためには、行政庁による障害等級の認定が要件であり、他の年金受給と全く異質でありかつ異なる手続きです。

障害年金の障害等級認定基準について、特に神経系統の機能やうつ病などの精神の障害などはその具体的運用において基準があいまいであるとか、地域差が大きすぎるなど重要な問題をもっております。また、せき柱及びその他の体幹骨、上肢並びに下肢の障害等級認定基準なども、特に神経系統が絡む案件などはかなりの問題があります。

これら障害等級認定の具体的運用を批判的に分析する能力がないと、単に行政庁・都道府県の認定の運用と、各市町村が窓口で障害年金の請求申請をなかなか受理しないという現実の行政庁の運用の壁を追認して是認するだけに終わります。それでは法律家として不十分です。

障害年金の申請請求手続き、更新における障害等級認定の具体的運用について、社会保険労務士だけでなく、交通事故での後遺障害に強い弁護士の協力を得ることができることは大きな支えになります。

私は、歳をとるにしたがい目が見えにくくなりましたが素直で謙虚に学ぶ姿勢を持ち続けることができるようになったと思います。
そして、地域の相談者・依頼者のために、地域社会への貢献のために、社会保険労務士だけでなく、弁護士、医師、看護師など他の関連する法律職、医療介護職の方々と協力して業務をおこなうことの大切さを痛感しております。

私は、誠意をもって、しかし慎重にかつ大胆に、社会保険労務士、弁護士、医師、看護師など法律職、医療介護職の方々と協力して業務に邁進して、社会への貢献に努める決意です。

得意分野

中小企業法務・相続・不動産・離婚

私は、経済的にも家庭環境的にも貧しい家庭で生れ育ちました。問題児ないし、問題ある生徒、学生でした。私は、数回挫折しています。その後、私が20代前半の頃、複数の優れた方と知り合ったことが契機となり、司法試験の勉強をすることになり、短期間に合格することができました。弁護士になり、3年で独立後、一生懸命仕事に注力しました。多くの難事件を手掛けて成功してきました。

私は、35年間多くの離婚案件と相続案件を扱い、また土地建物の明渡、立退請求、売却処分から定期賃貸借等による不動産の有効活用、さらに同族企業の労務問題及び同族間の経営権の紛争解決に尽力してきました。
一方で、弁護士としての多くの成功体験の反面として、結果として、おごりと過信による災いを体験しました。

私は、今日までの人生経験、弁護士としての豊富な経験と先端を行く弁護士法人の経営者としての企業戦略・マネジメントの経験など、多くの経験を法律実務と中小企業の経営・家族の経営に活かすことが出来ることが、最大の利点であります。そして、若く有能な弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士を育成し、弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士・事務スタッフの専門化と事務所の相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の6分野への専門化・集中化を推進することにより、社会に貢献することが、私の今後の残り少ない人生の最大の楽しみであります。

趣味

愛犬

読書・旅行・温泉・庭仕事
読書は、家族問題、社会問題、経済問題、中小企業経営、労使問題などの分析 (過去及び現在の分析をして将来の構築) に関する分野に興味があります。

旅行は、その土地の風土を理解して郷土料理を美味しくいただくことが、そして秘湯名湯めぐりが好きです。

庭仕事では、枯れ葉を掃除し、草刈り、枝を剪定する、実を採集します。今、桃、柿、ライム、きんかん、りんご、山ももが1本ずつあり、実をもたらしてくれます。そして、庭仕事は安らぎを与えてくれます。

経歴

1953年 愛知県名古屋市生まれ
愛知県立瑞陵高校卒業
名古屋大学法学部卒業
1979年10月 司法試験合格
1980年4月 最高裁判所司法研修所入所、第34期司法修習生
1982年4月 弁護士登録 (当時、名古屋弁護士会所属)
岩田孝法律事務所勤務
1985年4月 名古屋市中区栄3丁目15番6号にて、浅野了一法律事務所開設
1993年3月31日 「栄総合法律事務所」に名称変更する。
2007年4月1日 図書等の文献の増大及び人員の拡大により事務所スペースが手狭になり、中区丸の内三丁目に事務所移転
2003年~2009年 愛知県弁護士会で綱紀委員会委員
2010年 弁護士法人名古屋総合法律事務所を設立
代表弁護士に就任
2011年~2013年 愛知県弁護士会 市民窓口担当員
2013年 税理士登録 (名古屋税理士会)
税理士法人名古屋総合パートナーズ設立
代表社員税理士に就任
2015年 社会保険労務士登録
名古屋総合社労士事務所開設
代表社会保険労務士に就任

社会保険労務士 岡田恵子

ご挨拶

社会保険労務士 岡田恵子

初めまして。岡田と申します。2007年より、社会保険労務士として、経験と実績を積み重ねてまいりました。

また、2012年より中国深セン大学にて関連分野における日中の法制度比較研究を行っております。

これまでたくさんのお客様の仕事や人生に寄り添いながら、キャリアを築いてきました。
ひとりひとりが描いている未来や、抱えている不安、乗り越えるべき壁は何かを、しっかりと理解し、身近な協力者として全身全霊、職責を全うしてまいりました。

特に障害年金についてのご相談は、今まさにケガや病気と戦いそして経済的にも困窮されいる方が多く、一刻も早い解決が必要になります。
そのため、お一人お一人にあわせた最短の解決策を模索し、ご提案させていただくことに全力を尽くします。

皆様に信頼され、責任を任され、感謝されることが何よりの私の誇りです。
「ヒト」に関わる専門家として、お客様の期待にお応えできるよう、誠意をもってサポートさせていただきます。

得意分野

障害年金手続き、各種社会保険手続き、助成金申請

資格

  • 社会保険労務士
  • 年金アドバイザー2級
  • 中国語検定HSK6級

趣味

旅行、トレーニング

経歴

1993年 滋賀県立石山高等学校 卒業
1997年 同志社大学文学部 卒業
2005年 社会保険労務士事務所 入所
2007年 社会保険労務士資格取得
2010年 岡田社会保険労務士事務所 開業
2015年 中国深圳大学大学院法学研究科 修士課程修了
2015年 名古屋総合社労士事務所 入所

弁護士 平野秀繁

ご挨拶

弁護士 平野秀繁

2013年12月弁護士登録後、民事弁護士として多くの案件を担当してきしたが、2015年からは弁護士法人名古屋総合法律事務所に新たに専門分野として交通事故チームが開設されたのに伴い、私が英語に強いということで交通事故チームのリーダーに任命され、以後後遺障害認定問題で医師対応とカルテ・診断書と医学書と日々取り組んでおり、後遺障害認定について豊富な経験を持っています。

得意分野

交通事故・債務整理・離婚

趣味

電子工作、釣り、アクアリウム(熱帯魚鑑賞)、草野球、温泉巡り

経歴

1987年 愛知県常滑市生まれ
2006年 南山高等学校男子部卒業
2010年3月 慶應義塾大学法学部卒業
2012年3月 中央大学法科大学院卒業
2013年12月 弁護士登録(愛知県弁護士会)
弁護士法人名古屋総合法律事務所入所