愛知県の障害年金の相談・申請なら名古屋総合社労士事務所

料金費用

障害年金相談(初回のみ)

初回0円

※無料で相談をお受けできるのは初回のみとなります。
メールや電話にて初回の無料相談の予約を承っております。
⇒お電話での予約は0120-758-352  メールでの予約はこちら

岡田社労士 相談イメージ

無料相談では下記のようなご相談にお応えしております。

  • 障害年金を申請できるかどうか知りたい
  • 年金事務所に行ったが、よく分からなかった
  • 年金事務所に行くのが不安
  • 障害者手帳を所有しているが、障害年金をどのように申請すればよいか分からない
  • 何からはじめたらよいか分からない
  • 書類の書き方が分からない
  • 初診日がいつか分からない
  • とにかく障害年金を受給したい

障害年金請求サポート料金

裁定請求サポート
(初回の請求)
着手金0円+成功報酬(1, 2, 3のいずれか高い金額)
  1. 決定年金額(加算分を含む)の2か月分(税別)
  2. 遡及された場合は1に加え、初回年金入金額の10%(税別)
  3. 10万円(税別)
※障害年金を受給条件の1つである「保険納付要件」を満たしているかの確認は無料で行います。
審査請求
(1回目の不服申し立て)
着手金50,000円(税別)+成功報酬(1, 2のいずれか高い金額)
  1. 決定年金額(加算分を含む)の3か月分(税別)
  2. 遡及された場合は1に加え、初回年金入金額の10%(税別)
再審査請求
(2回目の不服申し立て)
着手金100,000円(税別)+成功報酬(1, 2のいずれか高い金額)
  1. 決定年金額(加算分を含む)の3か月分(税別)
  2. 遡及された場合は1に加え、初回年金入金額の10%(税別)
額の改定請求 着手金0円(税別)+成功報酬(1, 2のいずれか高い金額)
  1. 決定年金額(加算分を含む)の2か月分(税別)
  2. 10万円(税別)
更新 着手金0円(税別)+成功報酬(1, 2のいずれか高い金額)
  1. 決定年金額(加算分を含む)の1か月分(税別)
  2. 5万円(税別)
支給停止事由消滅届 着手金0円(税別)+成功報酬(1, 2のいずれか高い金額)
  1. 決定年金額(加算分を含む)の2か月分(税別)
  2. 10万円(税別)
その他諸費用
  • 事務手数料  20,000円(税別)

    ※手続きの際に発生する郵送費、電話代、交通費の必要経費を含みます。
    ※契約時にお支払いただきます。
    ※2回目以降のサポートでは事務手数料は不要です。

  • 診断書代、受診状況等証明書代、戸籍抄本・住民票等の行政機関の証明書代 実費

障害年金請求サポート内容

障害年金請求の代理人として、障害年金請求に係るすべての事項についてのサポートをいたします。
具体的には以下のサポートをさせていただきます。

  • 年金請求についての個別具体的なあらゆる相談(面談を含む)
  • 年金事務所にて受給資格・要件の確認
  • 年金請求書等、年金請求に係る必要書類の取り寄せ
  • 診断書の記入内容の助言・点検
  • 医師への診断書・受診状況等確認書の作成依頼
  • 医師の診断書・受診状況等確認書の受け取り代行
  • 病歴・就労状況等申立書の作成
  • 戸籍抄本、住民票等の行政機関の証明書の請求および受け取りの代行
  • 必要に応じ金融機関への口座確認証明の請求および受け取りの代行
  • 年金事務所への年金請求書、添付書類提出
  • 年金事務所との折衝
  • 年金事務所等からの問い合わせ、照会に対する応対

審査請求・再審査請求について

障害年金の請求(初回の請求)を行った結果、

  • 不支給決定を受けた
  • 決定された障害等級や内容に納得できない

というように、その決定に対し納得できない場合、「不服申立て」を行うことができます。

「不服申立て」のことを審査請求といいます。
障害年金の不服申立ては、「社会保険審査官」に対する審査請求を最初に行い、その結果についてさらに不服の場合は「社会保険審査会」に対して再審査請求を行うことができます。このように、不服申し立ては2回行うことができます。

障害年金の不服申立ての流れ

障害年金請求(初回の請求)

決定(支給決定・不支給・却下※)

    ↓(不服)

審査請求(社会保険審査官へ不服申し立て)

審査官裁決

    ↓(不服)

再審査請求(社会保険審査会へ不服申立て)

公開審理

社会保険審査会裁決

行政訴訟提起(裁判所へ提訴)