愛知県の障害年金の相談・申請なら名古屋総合社労士事務所

1型糖尿病で障害厚生年金3級を受給できたケース

●相談者

  • 男性(40代)
  • 傷病名:1型糖尿病
  • 年金種類と等級:障害厚生年金3級
  • 支給月から更新月までの支給総額:約277万円

●相談時の状況

ご本人に相談にお越しいただきました。

3年ほど前より疲れやすくなり、体重が5キロほど減少、また、大きな看板の字が見えたり見えなかったりするなど、これまで無かった体調不良が現われるようになったそうです。特に気にせず普段どおり生活していましたが、翌年の会社の定期健康診断で血糖値とHbA1c値が高いことを指摘されました。そこで、かかりつけ医を受診したところ、HbA1値がかなり高く出たため、糖尿病の治療を開始することになりました。その後、総合病院に入院、精密検査の結果、1型糖尿病と診断されました。以後、インスリン治療を開始することになり、糖尿病専門医に転院されました。

最近、平成28年6月1日より一部改正となった代謝疾患(糖尿病)の【障害認定基準】について調べられ、「自分の症状・検査成績からみると3級に該当しているようだが、主治医に確認したところ、一般状態区分は3級に該当していないようだ、どうしたらよいか。」とのことで、相談いただきました。

●相談から請求までのサポート

糖尿病には大きく分けて1型と2型があります。2型は生活習慣と遺伝的要因で発病し、徐々に悪化しますが、1型はβ細胞が壊れてインスリンが分泌されなくなり、急激に悪化します。

また、1型は一日のうちに低血糖と高血糖を何度も繰り返し、血糖値が変動します。低血糖になると、冷や汗、手足の震え、動悸、めまい、疲労感が生じ、血糖値が20mg/dl以下になると意識消失、昏睡状態になり、命の危険が伴います。

この方の場合も、低血糖に陥ると意識を失ったり歩行困難になったりするそうで、そのような時は30分間じっとしている必要がありました。職場でも低血糖になるとしばらく動けないため、就労制限を受けておられました。また、体力を使う業務や長期出張は身体に負担がかかるため、免除されていました。

しかし、自己管理をしっかりされる方で、またかなりの努力家でもありましたので、フレックスタイム制のもと、ほとんど遅刻早退欠勤無く勤務されていました。また、弱音を吐くようなこともないので、主治医の先生からすると、制限を受けることなく社会活動ができているように見えていたようです。

当方から病院に連絡したところ、主治医先生との面談の機会をいただけることになりました。

先生には発病から現在までの受診状況、生活状況、就労状況を説明し、書面にまとめたものをお渡しするようにしました。

●結果

障害厚生年金3級(年間約87万円)認定